好きを仕事にするということ

好きなことを仕事にするというと、

何だかラクが出来そうなイメージってない?

 

確かに、

好きなことを仕事にしてると

毎日、楽しいし、

義務感なく仕事したいって思える。

 

だけど、だから何の苦労もないのか?

努力しなくて良いのか?と聞かれたら

そんなことはないって思うのね。

 

それを体感した出来事を紹介するね。

 

本日、洋服を買った時に

接客していただいた店員さんとの会話。

 

私「年末は、最終日までやってるんですか?」

 

店員さん「はい、31日○○時までやっています。」

 

私「大変ですね、ご苦労様です。」

 

店員さん「好きでやっているので。(大変じゃないんです)」

 

年始の福袋を準備したり、

販売したりするのも楽しみなんだそうです。

 

それを聞いて、

なんて素敵なんだろうって思ったの。

 

 

私なんて、

今からすでに年始に会社に行くことを

考えると憂鬱になっていますもん。

 

 でも、年末年始にあるセッションは

全く苦ではないし、すごく楽しみ。

 

しかも、

今は、メールセミナーの作成に集中していて、

なかなか思いを文章にするのが難しいですが

それを読んでくれる読者の方のことを

考えるとワクワクしてきて、

大変ではあるけど、楽しみながら出来ています。

 

 

好きを仕事にするっていうのは、

別にラクをするとか、

苦労をしないということではなくって、

忙しいことも、大変なこともあるけれど、

それを上回るワクワク感があるってことなんだよね。

 

この店員さんだって、

好きなことを仕事にしているけど、

大変じゃないってことはないと思うの。

 

だけど、

それを楽しみながら出来ているかってだけ。

 

同じことをやるにしても

気持ち次第で全く違う思いになる。

 

好きを仕事にするってことは、

苦労も苦労と感じないで出来るってことなんだよね。

 

自分のためにやっていると思うことで

全ての仕事を責任もって楽しく出来るんだよね。

 

ラクだろうから好きなことを仕事にしたい!

 

ではなく、

 

この仕事が出来たら最高!!

 

そう思える仕事が本当に好きな仕事だし、

それをやれば成功する確率が断然高いよ。